虫歯は自力で治せる!?

院内イメージ

虫歯になってしまったら、歯科医院で治療するものと思われているかもしれませんが決してそうではありません。虫歯の状態によっては自分で治すことが出来る場合もあります。

自分で治すことが出来る虫歯は初期段階の虫歯のみです。初期段階というのは具体的には歯に穴があいていない状態です。既に穴があいてしまっている場合は、自分の力で治すことは出来ません。

虫歯の進行状態と症状

虫歯を痛がるイメージ

【初期の虫歯(C0)】

歯の表面が白く濁っている状態で、歯の溝が茶色っぽく着色している状態です。歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状もありません。自分で治すことが出来るのはこの症状段階です。

【軽度の虫歯(C1)】

C0より進行した虫歯です。虫歯がエナメル質を溶かして、歯の表面に小さな穴があいてしまった状態です。穴は茶色や黒色に変色します。痛みはほとんどないですが、冷たいものが歯にしみることがあります。この状態以降は、明確に虫歯と診断されて自力では治すことが出来ません。歯医者さんでの歯科治療が必要となります。

【中等度の虫歯(C2)】

虫歯がエナメル質の内側の象牙質まで進行した状態です。ここまで進行してしまうと冷たいものがしみやすくなり、痛みを感じ始めます。

【重度の虫歯(C3)】

虫歯がさらに神経まで進行した状態です。冷たいものに加えて、甘いものがしみ始めて食べ物を噛んだ時に痛みが出ます。何もしていなくてもズキズキ痛むこともあります。炎症の進行がさらに広がると、熱いものにも反応を示し始めます。

【末期の虫歯(C4)】

虫歯が進行して歯の部分が崩壊し、根っこだけになってしまった状態です。既に神経が死んでいるため痛みを感じなくなります

初期虫歯の治し方

歯ブラシイメージ

 それでは、初期虫歯を自力で治す方法をご紹介いたします。

【プラークコントロール】

歯ブラシでのブラッシングで歯の表面の汚れをしっかりと落としましょう。それに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯と歯の間の汚れをとることで、歯と歯の間の虫歯を防ぎましょう。

【フッ素を使用しましょう】

フッ素には歯表面のエナメル質を強化する効果や、唾液に含まれるカルシウムを歯に付着させやすくする効果があります。一番手軽にフッ素を歯に塗布する方法は、フッ素配合の歯磨き粉を使用することです。また、フッ素が配合された洗口剤もおすすめです。

【キシリトールガムを噛む】

 キシリトールには、虫歯菌の進行や発生を抑制する効果があります。またガムを噛むことで沢山の唾液が分泌されます。この唾液が歯の表面を修復する効果があるのです。キシリトールガムをしっかり噛んで、どんどん唾液を出せば虫歯が治る可能性が高まるということです。

今回は、自分で治せる虫歯とその治し方についてと、虫歯の進行度による症状の違いをご説明いたしました。ただし、見えにくい口の中を毎日覗いてチェックするのは現実的ではありません。3ヶ月~半年に1回程度、定期的に歯科医院を受診して虫歯の有無や進行状態を確認してもらいながら、初期の虫歯の治療を自分で行うことをおすすめいたします。

渡邉 大祐
記事の監修

歯科医師

渡邉 大祐

経歴

愛知学院大学歯学部 出身
同大学臨床研修 修了
一般歯科医院を経て医療法人社団 相生会 入職